1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 横浜・戸塚のニシキヘビ逃走 目撃もなく住民「何に注意を」

横浜・戸塚のニシキヘビ逃走 目撃もなく住民「何に注意を」

社会 | 神奈川新聞 | 2021年5月11日(火) 21:55

アミメニシキヘビを捜索する警察官=11日午後3時ごろ、横浜市戸塚区

 横浜市戸塚区名瀬町で飼育されていた体長3メートル超のアミメニシキヘビの“逃走”が続いている。

 所在不明が発覚した6日以降、神奈川県警などが連日捜索しているが、目撃情報すらなく、行方はようとして知れない。

 元々、熱帯に生息しており、専門家は「日本の外気温は低く、遠方への移動は考えにくい」と指摘、近隣住民にとって不安の日々が続くが「過度に怖がらず、見つけたら近づかずに速やかに通報を」と呼び掛けている。

 ヘビは同所のアパート2階に住む男性会社員(24)が飼育していた。男性によると、体長約3.2メートル、重さ約13キロ。毒はないが、締め付ける力は強く、動物愛護法で人に危害を加える恐れがある「特定動物」に指定されている。

専門家「近くに潜んでいる」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

ペットに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング