1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 横浜・戸塚で“逃走”のニシキヘビ、警察犬投入も見つからず

動画
横浜・戸塚で“逃走”のニシキヘビ、警察犬投入も見つからず

社会 | 神奈川新聞 | 2021年5月7日(金) 17:11

 横浜市戸塚区名瀬町のアパートから6日夜、ニシキヘビがいなくなった件で、県警は7日朝から十数人態勢で付近の山林を中心に捜索した。同日夕時点で見つかっておらず、県警は注意を呼び掛けている。

警察犬を投入してアミメニシキヘビを捜索する県警の捜査員=7日午前10時ごろ、横浜市戸塚区名瀬町

 戸塚署によると、いなくなったのは全長約3・5メートル、重さ約10キロのアミメニシキヘビ。見た目は金色という。

 飼い主の男性は1人暮らしで、換気のためベランダの窓ガラスを開けたまま6日朝に外出。午後9時ごろに帰宅したところ、飼育用のガラスケースの引き戸が開き、いなくなっているのに気付いたという。

 開いていた窓ガラスから逃げ出したとみられる。

 横浜市動物愛護センターによると、アミメニシキヘビは動物愛護法で飼養などに許可が必要な「特定動物」に指定されている。

 男性は2017年7月に、市から許可を取得した。その際に市が行った調査では、飼育ケースに不備は確認されなかったという。

男性「大変申し訳ない」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

ペットに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング