1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 109歳の津波体験を絵本に 関東大震災、逗子で被災

減災
109歳の津波体験を絵本に 関東大震災、逗子で被災

社会 | 神奈川新聞 | 2021年5月4日(火) 17:00

蟹江さんたちの聞き取りに対し、関東大震災時の津波の状況を語る髙嶋フジさん=2018年5月

 10万5千人余りが犠牲になった1923(大正12)年の関東大震災で、相模湾沿岸に押し寄せた津波から紙一重で逃れた髙嶋フジさん(109)の実体験を基にした絵本が完成した。

 聞き取りを重ねてきた市民グループ「ジオ神奈川」代表の蟹江康光さん(79)と事務局長で妻の由紀さん(71)が中心となり、「震災の教訓を後世に伝えたい」と自費出版した。

 防災教育や災害伝承の重要性が増す中、学校現場などでの活用を期待している。

 4月に出版された絵本のタイトルは「ずし小坪の関東大震災 109才の証言」。

地割れ、砂浜へ

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

津波に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング