1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 銀座でヘイト団体デモ ウイグル問題口実に20人

時代の正体 レイシストを追う
銀座でヘイト団体デモ ウイグル問題口実に20人

社会 | 神奈川新聞 | 2021年5月3日(月) 11:20

銀座の大通りを練り歩くヘイトデモの一団=東京都中央区

 川崎市内でヘイト活動を繰り返す差別扇動団体「日の丸街宣倶楽部」が2日、東京・銀座でヘイトデモを行い、ヘイトスピーチに反対する市民が「差別をやめろ」と抗議の声を上げた。

 海老名市在住の渡辺賢一代表を筆頭に、悪質な差別主義者約20人が集結。ウイグル民族を弾圧する中国政府への抗議を口実に、「移民はいらない」「外国人犯罪を許さない」といった在日外国人排斥のヘイトメッセージをまき散らした。

 横浜市などから駆け付けた市民は「民族虐殺の扇動をしているのはおまえたちだ」と抗議。道行く買い物客らに「彼らは川崎市でヘイトスピーチをしている団体です」と説明し、政治的主張を装ったヘイト活動であることを周知した。(石橋 学、視点も)

【視点】人権もてあそぶ蛮行

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

ヘイトスピーチに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング