1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 駐車車両絡む死亡事故急増 今年4件、神奈川県警が対策強化

駐車車両絡む死亡事故急増 今年4件、神奈川県警が対策強化

社会 | 神奈川新聞 | 2021年4月30日(金) 12:53

路上駐車の危険性を訴えるために県警が作成したポスター

 駐車車両の絡んだ死亡事故が神奈川県警の管轄区域内で急増している。

 2020年は6件(死者6人)だったが、今年は3月末時点で既に4件(同5人)発生した。県警は事態を重く受け止め、対策の強化に乗り出している。

 県警駐車対策課によると、今年の4件の死亡事故はいずれも駐車中の大型車に乗用車やトラック、バイクが追突する形態だった。

 2件は本線に接続する合流レーン上で、2件は一般道路上で発生。どの大型車も時間調整や一時休憩、携帯電話の使用を理由に停車していたとみられる。

指定の搬入時間を守るため

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

神奈川県警に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング