1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 差別野放しにしない 川崎でのヘイトビラまき、市民が監視

時代の正体 レイシストを追う
差別野放しにしない 川崎でのヘイトビラまき、市民が監視

社会 | 神奈川新聞 | 2021年4月27日(火) 13:28

 川崎市に多く暮らす在日外国人を迫害する人種差別主義者の活動を監視する活動が25日、市内各地で取り組まれた。ヘイト団体「日の丸街宣倶楽部」(渡辺賢一代表)がこの日、差別をあおるヘイトビラのポスティングを行うと告知していた。市民は会員制交流サイト(SNS)も駆使して、差別を野放しにはしない姿勢を示した。

 場所が明らかになっていなかったため、市民は…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

時代の正体に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング