1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 「ヘイトクライム被害に対策を」 NGOが法務省に訴え

時代の正体 差別のないまちへ
「ヘイトクライム被害に対策を」 NGOが法務省に訴え

社会 | 神奈川新聞 | 2021年4月24日(土) 07:00

 多文化共生施設「川崎市ふれあい館」館長に殺害を示唆する差別脅迫状が送りつけられたヘイトクライムを巡り、人権団体「外国人人権法連絡会」は23日、緊急対策を求める声明を法務省人権擁護局に提出した。差別事件にさらされ続けている在日コリアン3世、崔江以子(チェカンイヂャ)さんは「被害に策が追いついていない。私や同じ属性の在日コリアンに物理的な危害が加えられてからでは遅い」と窮状を訴えた。

 面談後に会見した崔さんは…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

時代の正体に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング