1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 聴覚障害者、苦難の10年 ろう者監督の目、川崎で上映

3・11東日本大震災10年
聴覚障害者、苦難の10年 ろう者監督の目、川崎で上映

社会 | 神奈川新聞 | 2021年4月23日(金) 20:30

 生まれつき耳が聞こえない今村彩子監督(42)によるドキュメンタリー映画「きこえなかったあの日」が24日から、川崎市アートセンター(同市麻生区)で公開される。東日本大震災以降10年にわたり、熊本地震や新型コロナウイルス感染症などで困難に直面する聴覚障害者の姿を記録。「作品を通じ、どうしたら心を通い合わせられるか一緒に考えてほしい」と呼び掛けている。

 子どもの頃、字幕がないテレビ番組を家族と一緒に楽しむことができなかったことから、父がレンタルビデオ店で借りてきた字幕付きの洋画を楽しんでいた今村監督。初めて見た映画の「…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

東日本大震災に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング