1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 23日の県所管域 40人感染、変異株で4例目クラスター

新型コロナ
23日の県所管域 40人感染、変異株で4例目クラスター

社会 | 神奈川新聞 | 2021年4月23日(金) 19:14

神奈川県警

 新型コロナウイルス感染症を巡り、神奈川県は23日、県所管域で新たに秦野市の60代男性の死亡と、10代~90代の男女40人の感染が確認されたと発表した。40人はいずれも軽症か無症状で、17人が感染経路不明だった。

 亡くなった秦野市の60代男性は、5日に陽性が判明。12日に新型コロナウイルス感染症で亡くなった。基礎疾患があったという。

 年代別では、20代9人、30代8人、40代6人、10代と50代、60代が各4人、70代が2人、80代と90代が各1人、非公表1人。

 県教育委員会は23日、クラスター(感染者集団)が発生している県立大船高校(鎌倉市)で、新たに50代の男性教員の感染が確認されたと発表した。感染者は計20人になった。同校では教職員や生徒計1242人にPCR検査を実施。15日から臨時休校となっていたが、検査結果が判明したとして、29日から段階的に授業や部活動を再開させる方針。

 県は23日、県内で既に発表されている新型コロナ感染者のうち、新たに10歳未満~80代の男女41人が変異株に感染していたと発表した。このうち5人が英国株の疑いで、ほかは株の種類を検査中。また、変異株の4例目のクラスターも確認された。同一施設で、感染者は計7人という。

 県内の変異株感染者は計461人になった。

新型コロナに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング