1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. まん延防止、神奈川の飲食店から本音「同じことの繰り返し」

新型コロナ
まん延防止、神奈川の飲食店から本音「同じことの繰り返し」

社会 | 神奈川新聞 | 2021年4月20日(火) 23:20

 新型コロナウイルスに対応する「まん延防止等重点措置」の適用が県内で始まった20日、対象の横浜、川崎、相模原市に再び落胆が広がった。

 営業時間の1時間短縮に加え「マスク飲食」の徹底も求められる飲食店からは、「徹底は難しい」と戸惑いの声も。

 対象地域外や時短協力金が増額された大企業も、長引く影響に不安を隠せずにいる。

県職員に感染対策を説明する店長(右)=20日午後、横浜モアーズの飲食店

 「コロナ対策のお願いにまいりました」

 ランチ客が一段落した横浜駅西口。

 2人一組の県職員が20店ほどの飲食店を訪れ、対策の徹底を呼び掛けた。

アクリル板、2万円も

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型コロナに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング