1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 消すまい、伝統産業の灯 食用八重桜、秦野で収穫ピーク

上を向いてwithコロナ
消すまい、伝統産業の灯 食用八重桜、秦野で収穫ピーク

社会 | 神奈川新聞 | 2021年4月11日(日) 11:20

脚立で8メートルほどの高さまで登り、八重桜の摘み取りを行う小野孝允さん=秦野市千村

 秦野市西部の千村(ちむら)地区で食用八重桜の収穫がピークを迎えている。全国有数の15~20トンの年間出荷量を誇り、活用の幅も広がる。

 一方で、近年は担い手の高齢化や減少に加え、コロナ禍による需要の低迷にも直面。江戸時代から続く伝統産業の灯を消すまいと、栽培農家は苦境にあっても前を向く。

 春の陽気に恵まれた7日、千村の農家では八重桜の摘み取り作業に余念がなかった。

 この道50年の小野孝允(たかよし)さん(75)もその一人。親族ら8人が総出で、八重桜の枝に脚立を掛け、最高で約8メートルまで登って、手作業で花を摘み取っていく。

あんパンの中央に

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

桜に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング