1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. まん延防止「違憲の疑い強い」 憲法学者が指摘する問題点は

時代の正体
まん延防止「違憲の疑い強い」 憲法学者が指摘する問題点は

社会 | 神奈川新聞 | 2021年4月8日(木) 10:00

コロナ対策を巡っては数多くの憲法上の問題点があると指摘する慶応大の横大道聡教授

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ「まん延防止等重点措置」が5日から宮城、大阪、兵庫の3府県で始まった。同措置では事業者に対し「時短営業」を要請・命令することができ、従わない場合は罰則を加えことができる。

 憲法学者で違憲審査に詳しい慶応大大学院の横大道聡教授は「違憲の疑いが強い」と断じる。

 問題は一体どこにあるのか─。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

時代の正体に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング