1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. つなぐっぺし(上)大震災に節目ない 被災地思う若者たち

3・11東日本大震災10年
つなぐっぺし(上)大震災に節目ない 被災地思う若者たち

社会 | 神奈川新聞 | 2021年3月28日(日) 12:00

 「前向きに頑張る」を意味する宮城・三陸地方の方言「がんばっぺし」と、「記憶と人をつなぐ」との意味を掛けた「3・11つなぐっぺし」の歩みに節目はない。

 現役の中高生や卒業後もサポートする大学生、社会人らが活動に込めてきた思いとこれからを追った。

石巻で1年2カ月暮らした長谷川さん。新聞集金の仕事も担い、多くの住民たちと言葉を交わした=宮城県石巻市(長谷川さん提供)

 「3・11だけじゃない。いろんな人にそれぞれの命日がある。あの日の後にこそ、たくさんの人が大変な思いをしてきた」

 東日本大震災から11年目を迎えた今、長谷川梨央さん(22)=横浜市戸塚区=はこの思いをかみしめる。東北で過ごした日々がくれた実感だ。

 中学3年生だった2013年、地元の逗子市から東北へ通い始めた。

3月11日だけじゃなく

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

連載「つなぐっぺし 東北…逗子・葉山」に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング