1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 「救済と対話を」 川崎・推進協、人権基本計画の方向性答申

時代の正体 差別のないまちへ
「救済と対話を」 川崎・推進協、人権基本計画の方向性答申

社会 | 神奈川新聞 | 2021年3月26日(金) 05:00

 川崎市の人権施策の在り方を審議する市人権尊重のまちづくり推進協議会は25日、市の基本計画改定の方向性に関する答申を福田紀彦市長に提出した。差別の解消へ総合的、計画的に取り組むことを定めた市差別のない人権尊重のまちづくり条例に基づく。理念に差別の禁止と多様性の尊重を明確に掲げ、実効性を高めるため人権救済の取り組みと「市民との対話」を求めた。

 基本目標に掲げたのは▽…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

差別に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング