1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 共生の実相(下) 表現者の挑戦 通じる心、映画や舞台で

相模原殺傷事件 死刑判決1年
共生の実相(下) 表現者の挑戦 通じる心、映画や舞台で

社会 | 共同通信 | 2021年3月24日(水) 14:40

自己矛盾感じた一言
 脳性まひの人たちが共同生活を送る茨城県の「マハラバ村」に通ううち、映画監督の原一男(75)は障害者をテーマに映画を撮ろうと思い始めた。村を出て神奈川県に移住し、仲間と脳性まひ当事…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

相模原障害者施設殺傷に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング