1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 共生の実相(上) 上から目線の価値観、変えた出会い

相模原殺傷事件 死刑判決1年
共生の実相(上) 上から目線の価値観、変えた出会い

社会 | 共同通信 | 2021年3月22日(月) 05:00

 相模原障害者施設殺傷事件の死刑判決から16日で1年。植松死刑囚は法廷でも「障害者は不幸を生む存在」との主張を繰り返した。障害者と共に歩み、そばで見つめてきた人たちの軌跡を通じ、これからの共生の在り方を模索する。(敬称略)


 相模原の知的障害者施設殺傷事件で2020年3月16日、死刑判決を受けた元職員植松聖(31)は、法廷で「意思疎通が取れない障害者は不幸の元」と繰り返した。施設での勤務経験が、そのゆがんだ考えをより強くしたという。障害者による文学を研究する二松学舎大准教授の荒井裕樹(40)には人ごとには思えなかった。「障害者と不幸な出会い方をすればああなるんだ」。約20年前の出来事を思い起こしていた。

 大学3年の時、中学の教員免許取得に必要な福祉施設での介護実習を体験した。向かったのは山奥にある知的障害者の入所施設。障害者と接するのはほぼ初めてだった。

 エリアごとに施錠された施設内を、鍵を開け閉めする職員と一緒に移動した。窓は閉ざされ、部屋にはどんよりとした空気が満ちているように思えた。外部と隔絶された世界だった。

どう接すれば、障害者に困惑

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

相模原障害者施設殺傷に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング