1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 川崎・銀柳街アーケード 震災で被害、10年節目に再整備

3・11東日本大震災10年
川崎・銀柳街アーケード 震災で被害、10年節目に再整備

社会 | 神奈川新聞 | 2021年3月11日(木) 05:00

大型のステンドグラスが設置される銀柳街=川崎市川崎区

 川崎市中心部の商店街「銀柳街(ぎんりゅうがい)」が、東日本大震災で被害を受けたアーケードの耐震補強を終えた。

 約40年にわたり買い物客らに親しまれてきた街のシンボルを安心安全の象徴にしようと、各店と市が協力し9年がかりで再整備を進めてきた。

 震災から10年の節目に完了し、関係者は「先人が造ったアーケードを守り、災害に強い街を目指したい」と思いを新たにしている。

シャンデリア激しく揺れ

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

東日本大震災に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング