1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 男女別子育て解消へ 親が多様な価値観を

#metoo #youtoo 国際女性デー2021
男女別子育て解消へ 親が多様な価値観を

社会 | 神奈川新聞 | 2021年3月9日(火) 10:10

 3月8日の「国際女性デー」に合わせ、神奈川新聞社は子育てとジェンダーについてアンケートを実施した。

 性別による「らしさ」を押し付けられた体験談には、男女の固定観念を巡るさまざまな「現実」が並んだ。

 子どもとどう向き合うべきか、差別の土台となる性差への偏見をなくすには─。寄せられた意見や疑問について、愛媛大教育学部の金子省子教授に聞いた。

金子省子教授・愛媛大教育学部

 ─アンケートでは「性別で決め付けず、子どもの個性を伸ばしてあげたい」といった回答が多く寄せられた。

 子どもの個性は多くの保護者が意識していることで、確かに大切なこと。ただ、それと同じくらい重要なのは「親が自分のことを考える」こと。子育ては親自身のジェンダーの捉え方についても見直すチャンスの時期だ。

 わが子に「固定観念に縛られず育ってほしい」と思いつつ、親自身が縛られていることがよくある。子どもにとっては保護者も環境の一つ。絵本やおもちゃなどの選び手として、できるだけバイアス(偏見)がかからない形で選ぶように呼び掛けている。子どもの育て方ばかり考えがちだが「私」について問う、自分と向き合うことが大切だ。

 ─「子育てをする上で何に頼るべきか分からない」といった声も上がった。

 子育てと言えばこれ、という定番の育児書はない。逆に言えば、多様な意見に触れるチャンスでもある。親自身が読み解ける力を付けないといけない。

 若い世代の気付きは次の世代につながる。一人一人の意識が社会を変えるきっかけになる。SNS(会員制交流サイト)などが発達する中、保護者が気付きを発信することも手段の一つ。自分たちの感覚を共有することで、今までの世代が流していた情報に対して「これはおかしい」と気付くことができる。

 ─具体的にどんな方法が挙げられるか。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

国際女性デーに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング