1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 水面に揺れる鎮魂のともしび 川崎・多摩川で最後の灯籠流し

3・11東日本大震災10年
水面に揺れる鎮魂のともしび 川崎・多摩川で最後の灯籠流し

社会 | 神奈川新聞 | 2021年3月9日(火) 05:00

多摩川の水面に浮かんだ灯籠=7日夜、川崎市多摩区

 東日本大震災の犠牲者への鎮魂と被災地の復興を願う灯籠流しが7日夜、川崎市多摩区の多摩川河川敷で行われた。地元のNPO法人「おさかなポストの会」の呼び掛けで震災の翌年にスタートした催し。毎年多くの市民に親しまれてきたが、震災から10年の節目で幕を下ろした。

 「10年経っても心はひとつ」「あなたが居たことをいつまでも忘れない」

 夜のとばりが降りた稲田公園近くの多摩川。

 被災地への思いを記した灯籠約100個が川に流され、参加した約20人が犠牲者への思いをはせた。

 今年はコロナ禍の影響で参加者を最低限に絞ったものの、灯籠流しのほか住職による法要やオカリナの演奏などが行われ、オンラインでも配信した。

 「多摩川灯籠流し」は、公園脇の「おさかなポスト」で外来魚やカメなどを受け入れ、一時保管するなど環境保全活動に取り組んできた元代表の山崎充哲さん(62)が発案。震災後に東北地方から、飼えなくなった生き物が多く届けられたことがきっかけだった。

病床の山崎さん「うれしい」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

東日本大震災に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング