1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 原発再稼働も、コロナ対応も「今だけ、金だけ、自分だけ」

3・11東日本大震災10年
原発再稼働も、コロナ対応も「今だけ、金だけ、自分だけ」

社会 | 神奈川新聞 | 2021年3月6日(土) 11:25

 つかの間の歓喜はしかし、心の内をまたかきむしるかのようであった。

 2月19日。福島から千葉県へ避難した住民らによる集団訴訟の控訴審判決で、東京高裁は地裁判決から一転、国と東京電力双方の責任を認めて賠償を命じる判決を下した。

10年の歳月を思い返す村田弘さん=横浜市旭区四季美台

 「三つ目の高裁判決。これで2勝1敗になった。いい流れになってきた」 

 「福島原発かながわ訴訟」の原告団長を務める村田弘さん(78)は判決後の集会を終えたばかりで、息を切らせながら期待を込めた。朗報は同時に、「10年」という歳月があまりにも長きにわたっていたことを村田さんに思い起こさせる。

 「ずっと宙づりだ。生傷に塩を塗り続けられているかのようなんだ」

 率いる原告団のうち、あの日からもう6人が亡くなった。時間の流れを痛感する。いまも数万人の避難者が戻れずにいる。

 一体どれだけを費やせば、憤りと悔しさ、やるせなさ、甚大なる被害の現実は国と東電に伝わるのだろうか…。

基準値の24倍

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

東日本大震災に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング