1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 子ども110番 なぜマーク多い?

追う!マイ・カナガワ
子ども110番 なぜマーク多い?

社会 | 神奈川新聞 | 2021年2月24日(水) 05:30

疑問抱いた小6あやさんと取材

 「子ども110番の家のマークの種類が街中にいろいろあります。いざという時に分からなくなりそうです。小さい子でも分かるように、全部同じにできないでしょうか?」。横浜市港北区の小学6年のあやさんから「追う! マイ・カナガワ」取材班に疑問が届いた。子ども110番の家は、何かあったときに駆け込める安心を与える場所のはず。子どもたちの不安の払拭(ふっしょく)につなげようと、取材班はあやさんと一緒に実態を追うことにした。

 あやさんがマークの多さに気付いたきっかけは、2019年5月に川崎市多摩区で通学中の児童らが男に襲われ、20人が殺傷された事件だった。事件を知り、父親と一緒に近所で危険な場所や、いざという時に逃げる場所を確かめていて気になったのだという。

 神奈川県警のマスコット「ピーガルくん」(写真【1】)や企業キャラクター入り(【2】)、手をデザインしたもの(【3】)。あやさんが連日送ってくれた写真を見て、取材班も問題を認識した。

妹のためにも

 「保育園に通う妹は今後、小学校に入学します。その時までに、何とかしたいです」。取材班は県警や、あやさんが住む港北区などに状況を尋ねた。

 県警によると、県内の子ども110番の家は約10万7千カ所。うち一般住宅が約5万8千カ所、コンビニなど店舗が約4万5千カ所で、保育園やスイミングクラブなどもある。

 肝心のマークについては「各団体のボランティアの取り組みなので県警が逐一把握している訳ではなく、何種類あるかは分からない」と担当者も言う。

 子ども110番の家は、岐阜県内で児童が殺害された事件が契機となり、地域で子どもの見守りを強化しようと同県可児市で1996年3月に設置されたのが始まり。その活動が全国で拡大し、県内では97年、湯河原町で初設置。町によると、同年の神戸連続児童殺傷事件を受け、地域防犯が町議会で取り上げられたことがきっかけとなった。

統一したが…

 港北区によると区内では99年から自然派生したが、マークがばらばらだと分かりづらいとして、各小学校PTAなどが統一デザイン(【4】)を作成。区内約3千カ所の民家などに掲示している。

 だが、企業が社会的責任(CSR)活動として実施するケースは別で、区内全体の音頭取りはいない。そのため子どもにとって身近な場所でマークの混在が続いている。例えば2008年から始めた横浜銀行は他の地方銀行の事例を踏まえ、県警のキャラクターをデザイン(【5】)。ほかにもコンビニ(【6】)や学習塾(【7】)、不動産店(【8】)など、さまざまだ。

 これを統一できないのか。「県警が管理するものでもなく、ボランティアと管理は相反するそぐわない概念なので」と県警の担当者は言う。それが正論なのだろうが、取りまとめ役がいないままで運用が続いた結果、このような状況となってしまったようだ。

 取材を進めるうち、ほかにも気になることが出てきた。110番の家となる際、県警としては審査や登録は行っていないという点だ。安全性はどれほど担保されているのだろう。

安全確保へどう活用

 学校で“取材”を続けてくれていたあやさんからも、友人にこう言われたと連絡があった。「近所に子ども110番の家があるけど、住人が大声を出していた。知らないで入ったら怖いね。みんないい人がやっているのか気になるよね」

 文部科学省などのホームページにある「登下校防犯プラン」には「子ども110番の家の活用を推進」などの記述があり、国のお墨付きが与えられているようにも見えるが、ステッカーなど発行するのはPTAなどの実施団体だ。

 子ども110番の家には、どんな人がいるのだろう。横浜市港北区にある太尾防犯拠点センターの佐々木貞貴さんを訪ねた。

 同センターが子ども110番の家になったのは2003年ごろ。地域の防犯拠点として、地元で子ども110番を普及、フォローする役割も担ってきた。

 「子どもたちを助けたことは何度もあります」

 公園の滑り台で女児が遊んでいると、見知らぬ男性が凝視。女児の小学生の兄が男性に声を掛けると怒鳴られ、助けを求めて来た。また別の女児が「かわいいね」と男性に話し掛けられ、恐怖を感じて駆け込んだこともあった。

自動販売機

 子ども110番を自宅に掲げる横浜市内の女性は「駆け込んできた子どもがいたら、まず家の中に避難させ、警察と小学校に連絡する、と日頃から頭にある」。同市内の男性は「家の鍵が閉まって困っている」と訪ねてきた子どもを受け入れたことがあるという。

【8】横浜市栄区

 10年以上前から子ども110番の家を務める総菜店「たくたか」(同市栄区)は、店舗隣に「こども110番」とプリントされた自動販売機を今月設置した=写真【8】。明かりを発する自販機が、街灯の少ない地元の防犯の役に立てばと願いを込めた店主の永野景子さんは「地域の人に安心感を与えたい」と語る。

 こうした人々の善意が、きっと地域の治安を守る一助になってきたのだろう。

見直し必要

 とはいえ、地元に知っている大人ばかりが住んでいる訳でない。警察庁の把握では、ピーク時の08年度末には全国で209万8千カ所あったというが、現在では50万以上減っており、その位置付けは、多少の見直しが必要になってきているのかもしれない。

 立正大の小宮信夫教授(犯罪学)は「ステッカーが多く貼られることで、罪を犯そうとしている人に『地域の防犯への関心が高い』とプレッシャーを与えることはできる」と評価する一方で、親や学校が、何かあったら子ども110番の家に駆け込むようにと子どもに教えることは「問題がある」とも指摘する。

 「あまり強調すると、いざというときに子ども110番の家にしか逃げ込めない恐れがある。近くにいる人や店に助けを求めることを、まず教えるべきだ」

 知らない家に駆け込むのは子どもにとってもリスクが高い。あやさんも「警察の名前やマークが入っているので、警察がOKを出した場所と思ってしまいます」と子どもの心理を教えてくれた。インターネット上では「廃屋に子ども110番の家のシールが貼ってあった」との声や、駆け込んだ先で事件に巻き込まれないかとの懸念も見られた。

 小宮教授は「保護者同士がコミュニケーションを取り、通学路で知っている家をできるだけ増やす必要がある。やみくもに子ども110番の軒数を増やすのではなく、地域でのコミュニケーションが深まるよう知恵を絞るべきだ」と話す。

取材班から

 あやさんの疑問が地域の防犯の在り方について問題提起しました。取材を通じて、各家庭で地域の安全な場所を把握する必要性を感じましたが、「自助」の側面が大きくなってしまっていることも否めません。みんながもっと安心できる地域にするため、取材班も引き続き追い掛けていきます。(岩﨑千晶、倉住亮多)

【1】川崎市中原区【2】横浜市都筑区
【3】【4】横浜市港北区
【5】【6】横浜市港北区【7】横浜市鶴見区
【9】横浜市泉区【10】横浜市神奈川区【11】横浜市中区
【12】【13】横浜市中区【14】横浜市戸塚区【15】平塚市
【16】【17】平塚市
【18】横須賀市【19】葉山町【20】鎌倉市

それぞれ工夫も 子どもは― 取材班は記者らを総動員し、県内各地で「子ども110番の家」のステッカーやプレートを撮影した。ドラえもんやきかんしゃトーマスなどの人気キャラクターや、企業や地域のオリジナルキャラが描かれたデザインもあり、それぞれが親しみを持ってもらう工夫を凝らしている。ただ、その種類の多さが、子どもにとっては分かりにくさとなる可能性もある。


 神奈川新聞社は暮らしの疑問から地域の困り事、行政・企業の不正まで、無料通信アプリLINE(ライン)で読者から寄せられた取材リクエストに幅広く応える「追う! マイ・カナガワ」(略称・マイカナ)に取り組んでいます。

 皆さんの「知りたい」をスタートラインとする新しい報道スタイルです。LINEアカウントで友達登録し、ぜひ情報や記事の感想をお寄せください。

LINEの友だち登録で、取材班とのやりとりができます。

子ども110番の家に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング