1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 川崎市のデマ否定を歓迎 「差別根絶」市民も後押し

時代の正体 レイシストを追う
川崎市のデマ否定を歓迎 「差別根絶」市民も後押し

社会 | 神奈川新聞 | 2021年2月23日(火) 11:50

市民が掲げた「反ヘイト」の旗で平和な雰囲気に包まれるJR川崎駅東口=21日、川崎市川崎区

 川崎市内で差別主義者の瀬戸弘幸氏が在日コリアンに対するヘイト活動を激化させている問題で、市民有志は20、21の両日も「ヘイトパトロール」に取り組んだ。

 いつ現れるか知れぬレイシスト(人種差別主義者)に身構えながら、差別をあおるために瀬戸氏らがまき散らしているデマを「間違い」と断じた市の対応を心強く感じていた。

「一歩前進」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

ヘイトスピーチに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング