1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 相鉄が一時運転見合わせ 強風?で架線に物が引っかかる

相鉄が一時運転見合わせ 強風?で架線に物が引っかかる

社会 | 神奈川新聞 | 2021年2月17日(水) 12:54

相鉄線(資料写真)

 17日午前10時15分ごろ、横浜市旭区鶴ケ峰の相鉄線鶴ケ峰─二俣川駅間で、架線にビニール袋のような物が引っ掛かっているのが見つかり、一時運転を見合わせた。

 相模鉄道によると、走行中の電車の運転士が、大きなビニール袋のような物が架線に引っ掛かっているのを見つけ、その場で停車。同10時45分ごろから一部で運転再開し、撤去後の同11時ごろに全線で再開した。

 横浜市内では同日早朝から強風注意報が発表されており、強風の影響で引っ掛かったとみられるという。

 横浜地方気象台によると、海沿いの地域では同日深夜まで強風が続く見込みという。

運転見合わせに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング