1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 緊急宣言延長1週間 神奈川県、解除へ「楽観視できぬ」 

新型コロナ
緊急宣言延長1週間 神奈川県、解除へ「楽観視できぬ」 

社会 | 神奈川新聞 | 2021年2月16日(火) 11:45

神奈川県庁

 首都圏の1都3県で緊急事態宣言の延長期間に入った8日から1週間。直近の神奈川県内では新規感染者数が大きく減少しており、感染状況を示すステージも指標が全て3の基準以下となった。

 県は「病床の逼迫(ひっぱく)はまだ続いており、楽観視できる状況ではない」と宣言解除には慎重な見方を示している。

 15日の県内の新規感染者数は71人で、昨年12月7日(65人)以来70日ぶりに100人を割り込んだ。今年1月7日に宣言が再発令されて以降、同9日(995人)をピークに減少傾向が続いている。

 政府は3月7日の期限に先行して宣言を解除できる地域がないかを今週改めて検討する予定だが、解除の目安とされるのは、政府の分科会が示す4段階の感染状況で「ステージ4からの脱却」。

【下表:指標に基づく神奈川の感染状況】

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

新型コロナに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング