1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 死者急増、5日間で65人 病床も逼迫 7日で宣言1カ月

新型コロナ
死者急増、5日間で65人 病床も逼迫 7日で宣言1カ月

社会 | 神奈川新聞 | 2021年2月5日(金) 22:28

 新型コロナウイルス感染症を巡り、首都圏の1都3県に緊急事態宣言が再び発令されて7日で1カ月を迎える。

 新規感染者数は減少傾向となったが、政府は既に3月7日までの宣言期間延長を決定。神奈川県内では依然として病床の逼迫(ひっぱく)が続き、死者数も増加している。

 新規感染者数は宣言直後の1月9日(995人)をピークに減少傾向が続き、2月5日の新規感染者数は288人。2月以降は100~200人台で推移している。

県内の週別感染者数の推移

 一方、死者数は急増。昨年12月は79人、今年1月は197人、2月は5日までで既に65人と著しく増加している。県は「感染してから亡くなるまでに一定期間かかる」とし、病床逼迫の影響ではなく、感染者数が急増した結果との見方を示している。

 宣言の解除は、政府の分科会が示す4段階の感染状況で「『ステージ4(爆発的感染拡大)』からの脱却」が目安とされている。

【下表:指標に基づく神奈川の感染状況】

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型コロナに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング