1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 県内の公立中高一貫校、5校で適性検査 競争率は3~6倍

県内の公立中高一貫校、5校で適性検査 競争率は3~6倍

社会 | 神奈川新聞 | 2021年2月3日(水) 19:55

 神奈川県内の公立中高一貫校5校で3日、2021年度入学者適性検査が行われた。

 県立相模原中等教育学校は1074人が受験し、競争率は6・71倍(前年度6・88倍)。県立平塚中等教育学校の受験者は884人で、競争率は5・53倍(同5・24倍)だった。

 横浜市立横浜サイエンスフロンティア高校付属中学は515人が受験し、競争率は6・44倍(同5・79倍)。同市立南高校付属中学の受験者は890人で、競争率は5・56倍(同4・93倍)だった。

 川崎市立川崎高校付属中学は471人が受験し、競争率は3・93倍(同4・03倍)だった。

 各校とも10日に合格発表される。

受験に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング