1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. キッチンカー窮地 神奈川県の協力金対象外で不公平感

新型コロナ
キッチンカー窮地 神奈川県の協力金対象外で不公平感

社会 | 神奈川新聞 | 2021年2月2日(火) 12:09

時短営業の協力金の対象外となっているキッチンカーを支援しようと、空き地を提供しキッチンカーを集めた「クイックデリ」=山北町

 新型コロナウイルスを巡り、キッチンカーの事業者が窮地に立たされている。

 イベント中止や外出自粛の余波で売り上げは激減。しかし、県の時短要請の協力金の対象外とされ、事業者には「自分たちだけふるい落とされた」と不公平感も漂う。

 西湘地域では苦境を打開しようと、キッチンカー事業者が地域の子育て団体と連携し、テークアウト企画を展開。緊急事態宣言の延長が2日にも正式決定する見通しだが、事業者は「廃業になるかも…。今はやれることをやりたい」と活路を模索している。

誰も孤立させぬ

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型コロナに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング