1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 神奈川の救急出動件数、前年比1割減 外出自粛背景か

新型コロナ
神奈川の救急出動件数、前年比1割減 外出自粛背景か

社会 | 神奈川新聞 | 2021年1月31日(日) 05:00

 県内自治体の2020年の救急出動件数は計45万4114件で、前年と比べ10・1%減少していたことが、神奈川新聞社の集計で分かった。近年は高齢化に伴う急病対応で右肩上がりだったが、県内の全24消防機関で減少に転じた。新型コロナウイルス感染症に伴う外出自粛が背景にあるとみられる。

 20年の救急出動件数は19年から5万1010件減少。実際に救急搬送された人数は39万4679人で前年比11・5%減少した。

県内最多の横浜市では…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

新型コロナに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング