1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 【ひとすじ】戦争や平和伝え 上演回数「日本一」

腹話術師・城谷護
【ひとすじ】戦争や平和伝え 上演回数「日本一」

社会 | 神奈川新聞 | 2021年1月19日(火) 16:02

相棒ゴローちゃんと笑顔で話す城谷さん=川崎市幸区

 原爆や戦争、平和を主なテーマに公演を続け、上演回数が「日本一」になったプロの腹話術師がいる。長崎県出身の、しろたにまもる(本名・城谷護)さん(80)=川崎市幸区。35年余り全国を駆け巡り、重ねた公演回数は4300回を超えた。「国民が、おかしいことはおかしいと判断する力を付ける手助けをしたい」。この思いを原動力に、昨今は避けられがちな話題もユーモアにくるんで問い続ける。

 ちょうネクタイ姿で相棒の人形、ゴローちゃんに語り掛ける。

 「ゴローちゃん。食べ物の中で何が好きですか」

 「カレーライス!」

 「おいしいよねぇ。でもさ、カレーライスって言ってはいけない時代があったんだよ」

 「ウッソー。何デ」

 「日本はアメリカとイギリスと戦争したから敵の国の言葉でしょ。使っちゃいけなかったんだよ」

 「ナラ、何テ言ッタノ」

 「辛(から)み入り汁かけ飯(めし)」

 「マズソウ。ウッソー!」

 コロッケは「油揚げ肉まんじゅう」、バイオリンは「ひょうたん型糸こすり器」-。強引に日本語に変えねばならなかった時代の異様さを伝えつつ、とぼけたやりとりで笑い飛ばす。

 「芸人だから、戦争のことでも面白おかしく伝え、笑ってもらわねば」

徴用工の兄が犠牲に

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

芸人に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング