1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 後遺症を診療 川崎・聖マリアンナ医大病院が専門外来開設

新型コロナ
後遺症を診療 川崎・聖マリアンナ医大病院が専門外来開設

社会 | 神奈川新聞 | 2021年1月18日(月) 05:31

新型コロナウイルスの後遺症に特化した「感染症後外来」を設置する聖マリアンナ医科大学病院=川崎市宮前区

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、聖マリアンナ医科大学病院(川崎市宮前区)は18日、感染者の後遺症に特化した「感染症後外来」を開設する。

 味覚・嗅覚障害や倦怠(けんたい)感、息苦しさといったさまざまな後遺症に、複数の診療科がある大学病院の特性を生かして総合的なケアを進める。

 コロナ患者の受け入れで病床は逼迫(ひっぱく)しているが、大坪毅人(たけひと)病院長は「大学病院の使命で患者の予後をフォローしていく」としている。

受診の対象は

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

聖マリアンナ医科大学に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング