1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 感染急拡大、救急パンク寸前 病床調整も人手も「限界だ」

新型コロナ
感染急拡大、救急パンク寸前 病床調整も人手も「限界だ」

社会 | 神奈川新聞 | 2021年1月16日(土) 05:00

県職員らが病院と宿泊療養施設への搬送を調整する県搬送調整班の一室=15日、県庁

 「今がぎりぎり。患者がこれ以上増えると通常医療をストップせざるを得ない。救える命が救えなくなる」。新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからず、患者の救急搬送や転院を巡る病床調整は県全域で機能不全に陥る寸前だ。国内初の感染者が県内で確認されてから、15日で1年。コロナ治療の最前線に立ち続ける医師は、現実味を増す「医療崩壊」に危機感を強める。

119番通報患者を帰す「異常事態」も

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型コロナに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング