1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. コロナ禍の検定試験 「陽性診断」でも振り替えも返金もなく

追う!マイ・カナガワ
コロナ禍の検定試験 「陽性診断」でも振り替えも返金もなく

社会 | 神奈川新聞 | 2021年1月15日(金) 05:31

 コロナ禍で実施される検定試験の在り方について、神奈川県立高校の男性教諭から疑問の声が「追う! マイ・カナガワ」取材班に届いた。

 高校生を対象にした資格試験で、コロナ陽性と診断された生徒が、日程の振り替えや返金に応じてもらえなかったという。

 「コロナに苦しむ生徒への配慮がない」という教諭の憤りを記者が追った。


ビジネス文書実務検定試験要項には、「受験料は理由の如何を問わず返金いたしません」と記載されている

 毎年、全国で2回実施される「ビジネス文書実務検定試験」。合格すれば卒業単位などにも認定されるため、主に商業高校や専門学校の学生ら年間約40万人が受験する人気検定だ。

 昨年11月、横浜市内のある県立高校でも生徒40人が受験予定だったが1人がコロナ陽性と診断され、濃厚接触者を含めた3人の生徒が受験できなかった。

 教諭らは生徒への対処を求め、主催の全国商業高等学校協会(全商協会)に相談した。しかし、「全国一斉試験なので、試験日は変更できない」「高校として団体受験そのものを取りやめるなら、返金に応じる」などと説明されたという。

 教諭は憤りを隠せない。「ただでさえコロナで苦しんでいる生徒に、教育機関が主催する試験で配慮が行き届かないのはおかしい」

他の検定は繰り越しも

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

追う!マイ・カナガワに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング