1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 飲食店時短、神奈川全域に拡大 一律の協力金に思い複雑

新型コロナ
飲食店時短、神奈川全域に拡大 一律の協力金に思い複雑

社会 | 神奈川新聞 | 2021年1月12日(火) 23:14

立ち並ぶ居酒屋などの書き入れ時の時間帯も閑散とする横須賀市中心部=12日午後7時半ごろ、横須賀市若松町

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言再発令を受け、飲食店に対する神奈川県の営業時間短縮要請が全県に拡大した12日、横浜・川崎以外の繁華街にも閑散とした光景が広がった。多くの居酒屋などは「仕方ない」と午後8時に閉店したが、1日6万円の協力金を巡り複雑な思いも。「もらえるだけでも、ありがたい」「規模や売り上げに見合った額を」─。感染拡大を食い止める対策に理解を示しながら、政府への注文も相次いだ。

十分な額ではないが…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型コロナに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング