1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 私の「富士山絶景」@横浜その1:写真特集

追う!マイ・カナガワ
私の「富士山絶景」@横浜その1:写真特集

社会 | 神奈川新聞 | 2021年1月13日(水) 19:00

横浜の富士山絶景(その2)はコチラ

「横浜駅のJR横浜タワー・うみそらデッキからも富士山が見えます」=横浜市西区から
「富士山の記事読みました。横浜市緑区からも見えます!」=横浜市緑区から
「早朝の朝日に輝く眺め、夕暮れの紫に染まる様子は素晴らしいの一言」=横浜市鶴見区から
「三渓園から見事な富士が見えます」=横浜市中区から
「コロナ禍で大変な世の中ですが、富士山が見えると、なんだかホッとします」=横浜市旭区のこども自然公園から
「横浜から見える富士山の記事を見て、私も1枚送ります」
「2020年4月14日、第一回緊急事態宣言後の富士山です」=横浜市金沢区の西柴台公園付近から
「2021元旦の富士山です」=横浜市保土ケ谷区から
「この日は靄がかかり、日没時に現れた裾野の形が、富士山の存在感を感じました」=横浜市中区の大さん橋から
「大口駅から坂をどんどんのぼっていくと、絶景が見えます」=横浜市神奈川区から
「大口駅から坂をどんどんのぼっていくと、絶景が見えます」=横浜市神奈川区から
「大口駅から坂をどんどんのぼっていくと、絶景が見えます」=横浜市神奈川区から
「コロナ禍で帰省できず横浜宅で過ごす年末年始でしたが元旦の富士山がとてもきれいでした」=横浜市中区から
「コロナ禍で帰省できず横浜宅で過ごす年末年始でしたが元旦の富士山がとてもきれいでした」=横浜市中区から
「コロナ禍で帰省できず横浜宅で過ごす年末年始でしたが元旦の富士山がとてもきれいでした」=横浜市中区から
「コロナ禍で帰省できず横浜宅で過ごす年末年始でしたが元旦の富士山がとてもきれいでした」=横浜市中区から
「ついつい富士の山が見えた時に写メしてしまいます」=横浜市緑区から
「ついつい富士の山が見えた時に写メしてしまいます」=横浜市緑区から
「ついつい富士の山が見えた時に写メしてしまいます」=横浜市緑区から
「ついつい富士の山が見えた時に写メしてしまいます」=横浜市緑区から
「しっかり見える訳ではないのですが、頭だけチラッと見える富士山にうれしくなります」=横浜市港北区から
「しっかり見える訳ではないのですが、頭だけチラッと見える富士山にうれしくなります」=横浜市港北区から
「大さん橋の入口付近なら、今でも県警建物の右端にポツリと富士山を見ることができます」
「以前通っていた高校から見ることができました」=2017年10月、横浜市神奈川区から
「以前通っていた高校から見ることができました」=2018年10月、横浜市神奈川区から
「間門の交差点あたりから根岸線の線路の上に見えてきます。なぜかテンションが上がります」=横浜市中区から
「横浜外国人墓地から見える富士山です」=横浜市中区から
「元旦の富士山です」=横浜市泉区から
「元旦の富士山」=横浜市磯子区から
「毎年父は家から見える富士山の写真展をやってます。去年と今年はコロナで中止になりました」=横浜市南区から

神奈川県内外各地の富士山絶景(その1)はコチラ
神奈川県内外各地の富士山絶景(その2)はコチラ


 神奈川新聞社は2021年1月、暮らしの疑問から地域の困り事、行政・企業の不正まで、無料通信アプリLINEで読者から寄せられた取材リクエストに幅広く応える新企画「追う! マイ・カナガワ」(略称・マイカナ)を始めました。皆さんの「知りたい」をスタートラインとする新しい報道スタイルです。LINEアカウントに、ぜひ情報をお寄せください。

追う!マイ・カナガワに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング