1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 「二宮暮らし」してみたい お試し移住に熱視線 テレワークが後押し

新型コロナ
「二宮暮らし」してみたい お試し移住に熱視線 テレワークが後押し

社会 | 神奈川新聞 | 2021年1月7日(木) 12:27

二宮団地の物件を案内される移住希望の家族ら=二宮町百合が丘

 新型コロナウイルスの感染拡大によるテレワーク推進を背景に、二宮町の住民団体などが首都圏の子育て世代に町内へ移住してもらおうと奔走している。昨年11月から12月にかけて団地の空き室を使い、2泊3日のお試し移住を企画したところ想定の2倍の応募が寄せられた。「週に数回の出勤なら自然の多い場所に住みたい」─。40年後には人口が半減するとされる同町でポストコロナ時代の移住需要を高めようと草の根の模索が続く。

“先輩”らの助言

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

移住に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング