1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. わいせつ教員20人処分 神奈川、目立つSNS悪用

わいせつ教員20人処分 神奈川、目立つSNS悪用

社会 | 神奈川新聞 | 2020年12月22日(火) 21:57

 神奈川県内で2019年度にわいせつ行為やセクハラを理由に懲戒処分(免職、停職、減給、戒告)や訓告を受けた公立小中高校などの教員は20人だった。内訳は県教委7人、横浜市教委10人、川崎市教委3人。

 県教委によると、処分を受けた7人のうち、勤務校の児童生徒や卒業生ら教え子が被害者だったケースは5人に上った。

 県教委では18年度に8人が処分を受けており、歯止めがかかっていないとして、今年4月から懲戒処分の指針を一部改正。勤務校の児童生徒に対するセクハラ行為はこれまで「免職または停職」だったが、今後は「免職」を原則とし、処分を厳格化した。

 また、近年は…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

わいせつに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング