1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. ヘイト条例1年、川崎で集会 成果と運用課題を共有

時代の正体
ヘイト条例1年、川崎で集会 成果と運用課題を共有

社会 | 神奈川新聞 | 2020年12月13日(日) 10:18

川崎市条例の歴史的意義を語る中村さん=川崎市川崎区の市労連会館

 差別の禁止を掲げ、ヘイトスピーチに刑事罰を科す川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例が12日、成立1年を迎えた。市民団体「『ヘイトスピーチを許さない』かわさき市民ネットワーク」は市労連会館(同市川崎区)で記念集会を開催。差別の根絶というゴールへ向け、市の条例運用を後押ししようと成果と課題を確かめ合った。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

差別根絶条例に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング