1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 森友、改ざん過程示す文書提出を

森友、改ざん過程示す文書提出を

社会 | 共同通信 | 2020年12月9日(水) 17:49

 森友学園問題を巡る決裁文書を改ざんさせられ、自殺に追い込まれた元財務省近畿財務局職員赤木俊夫さん=当時(54)=の妻が国などに損害賠償を求めた大阪地裁の訴訟で、原告側は9日、赤木さんが改ざんの過程を記したとされるファイルなど文書の提出を国に命令するよう、地裁に申し立てると明らかにした。

 この日は訴訟の進行協議があったが、国側は文書が存在するかどうか回答しなかったという。

 協議後、生越照幸弁護士は、俊夫さんが受けたストレスや恐怖感を立証するには具体的な経過を明らかにする必要があるとし「『赤木ファイル』は核心的な証拠になりうる」と強調した。

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング