1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 「ヘイト罰則条例を」 1万2千人分の署名、相模原市に提出

時代の正体 差別のないまちへ
「ヘイト罰則条例を」 1万2千人分の署名、相模原市に提出

社会 | 神奈川新聞 | 2020年12月9日(水) 05:00

 罰則付きのヘイトスピーチ規制条例を制定するよう相模原市に求め、署名活動をしてきた市民団体「反差別相模原市民ネットワーク」が8日、約1万2千人分の署名を本村賢太郎市長に手渡した。市内が在日外国人を排斥するヘイト団体の活動拠点になっているとして、刑事罰を設けた川崎市条例をモデルに同等かそれ以上の実効性ある反差別条例を制定するよう要請した。

 署名は、インターネットで集めた…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

差別に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング