1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 来訪客「旅先で気を遣う」 観光地は懸念「第3波は死活」

新型コロナ
来訪客「旅先で気を遣う」 観光地は懸念「第3波は死活」

社会 | 神奈川新聞 | 2020年12月6日(日) 05:00

 新型コロナウイルスの感染急拡大による影響が、神奈川県内の観光地でもじわりと広がっている。

 週末の5日はぐずついた空の下でも多くの人出が見られたが、宿泊施設や土産物店などからは先行きを不安視する声が相次いだ。「自粛ムードが広がれば、またブレーキがかかる」。

 政府の観光支援事業「Go To トラベル」の効果も持続するのか見通せず、箱根や鎌倉などで警戒感が増している。

「コロナの中の旅行は最後」

 あいにくの曇り空でも多くの観光客でにぎわった箱根町。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型コロナに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング