1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 卒業生も「共生を実感」 フィリピン文化に歓声

時代の正体 差別のないまちへ
卒業生も「共生を実感」 フィリピン文化に歓声

社会 | 神奈川新聞 | 2020年12月5日(土) 09:30

手ほどきを受けながらティニクリンを楽しむ子どもたち=川崎市立さくら小

 外国にルーツのある子どもたちが多く通う川崎市立さくら小学校(同市川崎区桜本)で4日、フィリピンの遊びや文化を体験する授業「フィリピンとなかよし」が行われた。毎年同国出身の女性たちが先生役となってきたが、今年はひときわ若い2人の姿があった。同小の卒業生で、10年ほど前に同じ授業を受けていた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

多文化共生に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング