1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 横浜・川崎の飲食店、再びの時短要請に悲鳴「店つぶれる」

新型コロナ
横浜・川崎の飲食店、再びの時短要請に悲鳴「店つぶれる」

社会 | 神奈川新聞 | 2020年12月3日(木) 23:15

帰宅時間帯に多くの人が行き交う横浜駅西口の繁華街=3日午後6時5分ごろ、横浜市西区

 新型コロナウイルスの感染急拡大で、黒岩祐治知事が3日に打ち出した飲食店などに対する営業時間の短縮要請。対象となった横浜、川崎エリアの繁華街は、忘年会シーズンの書き入れ時に「第3波」の直撃を受けた格好だ。「また要請か」「つぶれる店も出る」。再び苦境に立たされた“夜の街”から、悲鳴やため息が相次いだ。

 横浜駅西口の繁華街では、「数時間の短縮でも痛手だ」といった声が続出した。午前2時まで営業する居酒屋の店員(38)は「深夜の売り上げも多く、一層厳しい状況になる」と落胆。協力金も「従業員の給与や家賃を考えると十分とは言えない」とし、要請を受け入れるか「上と相談中だ」とした。

各テーブルに消毒液を置くなど感染対策を講じて営業している日本料理店=3日午後5時15分ごろ、横浜市西区

 一方、日本料理店の店主(49)は「予想はしていた」と淡々とした表情。午後11時閉店で「大きな痛手にはならないだろう」とし、要請に協力する考えを示した。

 市内の飲食店でアルバイトをする男子大学生(22)は「また、ですか」と話し、社員の苦悩に思いを寄せながら「シフトを増やしてほしいとも言い出せない」と表情を曇らせた。

野毛「受け入れられない」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型コロナに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング