1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 医療従事者に希望のブルー 聖マリ医大でクリスマスイルミ

新型コロナ
医療従事者に希望のブルー 聖マリ医大でクリスマスイルミ

社会 | 神奈川新聞 | 2020年12月2日(水) 05:00

幻想的な青い7万球の電球で装飾された聖マリアンナ医科大=川崎市宮前区

 新型コロナウイルス感染症対応の最前線で奮闘する医療従事者に希望の光を届けようと、川崎市宮前区の聖マリアンナ医科大が「クリスマスイルミネーション」を始めた。木々などに備え付けた約7万球の光が、病院の玄関周辺をブルーに包んでいる。

 9回目の今年は、全国から寄せられた医療従事者への寄付金の一部を活用。例年は1月初旬までの点灯期間を3月末まで延長し、規模も拡大した。11月30日の点灯式で、同大の明石勝也理事長は「少しでも長く救いの光を見ていただきたい」と話した。点灯は午後4時半~11時。

新型コロナに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング