1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 大山を甘くみないで 救助出動42件、ここ10年で最多

大山を甘くみないで 救助出動42件、ここ10年で最多

社会 | 神奈川新聞 | 2020年11月22日(日) 11:30

登山客に早めの下山など安全確保策の徹底を呼び掛ける伊勢原署員=大山の頂上登山口

 多くの登山者に親しまれる大山(1252メートル)で9月以降、警察や消防への救助要請が急増している。初心者でも登りやすいとして人気だが、紅葉が見頃を迎える3連休、関係者は「ゆとりある登山計画と入念な準備で臨んでほしい」と呼び掛けている。

 「現在地が分からない」。17日早朝、切迫した息づかいの男性から110番通報があった。大山を下山中に道に迷ったという。神奈川県警は直ちに救助隊をヘリコプターで出動させ、同日昼ごろに救助。男性は頭部に軽いけがを負った。前日夕方に山頂に着いたが、下山中に日が暮れて進退窮まった。軽装で雨具やライトは持っていなかった。

「疲労で動けず」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

大山に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング