1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 21日の横浜、101人の感染確認 28人は家庭内感染か

新型コロナ
21日の横浜、101人の感染確認 28人は家庭内感染か

社会 | 神奈川新聞 | 2020年11月21日(土) 19:40

横浜市役所

 新型コロナウイルス感染症を巡り、横浜市は21日、10歳未満~80代の男女101人の感染が新たに確認された、と発表した。このうち30代女性が中等症で、97人が軽症または無症状。3人の症状は調査中としており、47人の感染経路が不明という。経路が判明している54人のうち、28人は家庭内感染が疑われている。

 市によると、10代の男女8人は同じ市立中学校に通う生徒。同校の女性教諭と男子生徒の陽性が確認されたことから、集団検査を実施していたといい、市はクラスター(感染者集団)と認定。対象人数を拡大し、24日に集団検査を行う。

 クラスター関係では、青葉区の病院で新たに60代男性患者2人の感染が判明。同病院の陽性者数は計46人になったほか、市内の高齢者グループホーム(GH)でも入居者の80代男性の感染が新たに分かり、同GHの陽性者数は計11人になった。

 また、県立瀬谷養護学校(同市瀬谷区)では、30代の女性教諭が感染。児童2名が濃厚接触者で、校内を消毒する。相模原南署では、市内在住の40代男性巡査部長の感染が判明。署員28人が自宅待機中という。

新型肺炎に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング