1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 川崎・市民ミュージアム 新施設「等々力から移転整備を」

川崎・市民ミュージアム 新施設「等々力から移転整備を」

社会 | 神奈川新聞 | 2020年11月17日(火) 05:00

台風19号で浸水し、休館が続く川崎市市民ミュージアム=2019年11月2日

 昨年秋の台風19号で浸水した川崎市市民ミュージアム(同市中原区)の在り方を考える市文化芸術振興会議の検討部会は16日、現在立地する等々力緑地以外に新たな施設を整備することが望ましいとする意見で一致した。

 美術館と博物館の機能を保つ前提で、被災リスクの観点から結論付けた。収蔵庫と展示室は基本的に分散せず、同一施設内に整備することも合意した。

 同市川崎区で開かれた検討部会には、7人のメンバーが全員参加した。

 市は同施設に関する市民ニーズを探るため9~10月に実施した市民アンケートの結果を報告。18歳以上の市民3500人に実施した調査は1533人が回答し、個別に中高生、障害者計328人にも実施した。

博物館の需要は「ある」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

川崎市市民ミュージアムに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング