1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. サイバー犯罪巻き込まれぬよう 高校生が児童にSNS解説

サイバー犯罪巻き込まれぬよう 高校生が児童にSNS解説

社会 | 神奈川新聞 | 2020年11月15日(日) 12:20

小学6年生に「ネットいじめ」の具体例を演劇で伝える県立藤沢工科高校の生徒たち=9日、あざみ野第一小学校

 会員制交流サイト(SNS)利用時の注意点などを伝えるサイバー犯罪対策教室が、横浜市青葉区の市立あざみ野第一小学校で開かれた。6年生児童約90人が参加。インターネットやスマートフォン利用の低年齢化が進んでおり、サイバー犯罪に加担も、巻き込まれもしないよう注意を促した。

 神奈川県立藤沢工科高(藤沢市)ボランティア部の生徒8人が講師役となり、演劇などを通して分かりやすくサイバー空間での注意点を解説。店舗などでのいたずら目的の動画投稿が犯罪行為に問われたり、ネット上の悪口が深刻ないじめにつながったりすることを伝えた。ゲームアプリを通じて、会ったことのない人物と親しくなり、誘拐事件などに巻き込まれるケースも紹介して、警戒を促した。

 県警サイバー犯罪捜査課の情報セキュリティアドバイザーも出席し、興味本位でコンピューターウイルスの保管・提供など、犯罪行為に加担しないよう注意喚起した。

 藤沢工科高3年の柏木瑞貴さん(18)は「小学生に理解してもらうにはどうしたらいいか、伝える側の私たちにも学びが多かった」と話した。

SNSに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング