1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. コロナ感染者、なぜ急増? 県医療危機対策統括官に聞く

新型コロナ
コロナ感染者、なぜ急増? 県医療危機対策統括官に聞く

社会 | 神奈川新聞 | 2020年11月14日(土) 21:25

インタビューに答える阿南英明・県医療危機対策統括官=県庁

 新型コロナウイルス感染症を巡り、県内の累計感染者数が1万人を超えた。感染が再び急増する中、現状分析や課題などを県医療危機対策統括官(藤沢市民病院副院長)の阿南英明(あなん・ひであき)氏に聞いた。

 ―県内の感染者数が1万人に達し、今の現状をどう見ているか。

 「神奈川は第2波が収束する形ではなく、横ばいのところに第3波が〝上乗せ〟で来ている。医療機関はかなりきつい状況。横浜、川崎など県東部の患者数が増えて病床確保が困難になっており、全県で対応するようにしている」

 ―なぜここに来て急増しているのか。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型肺炎に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング