1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 川崎では新たに18人の感染確認

新型コロナ
川崎では新たに18人の感染確認

社会 | 神奈川新聞 | 2020年11月3日(火) 19:30

川崎市役所

 新型コロナウイルス感染症を巡り、川崎市は3日、20代から80代の男女18人の感染が新たに確認されたと発表した。2日に発表した川崎市立井田病院(中原区)での陽性者1人が含まれている。重症1人、中等症5人、軽症12人で感染経路不明は11人。市発表の感染者は累計1973人となった。

 年代別では、20代・30代が各4人、50代・60代が各3人、80代2人、40代・70代が各1人。居住地別では、都内が4人、川崎区・中原区・麻生区が各3人、多摩区・横浜市が2人、宮前区が1人となっている。

 市によると、井田病院で陽性と判明したのは20代の女性職員。家族が感染したため検査を受け陰性となったが、自宅待機していたところ発熱し、再検査で陽性となった。濃厚接触者はいないため同病院の診療は継続する。

 川崎市は3日、新型コロナウイルス感染のクラスターが発生した川崎市立多摩病院(多摩区)で新たに看護師・看護助手計8人の陽性が確認されたと発表した。いずれも無症状か軽症。同病院での陽性者は医療従事者と患者を合わせて22人となった。

 10月28日に医療従事者の感染が判明して以降、院内の職員や同じ病棟に入院している患者などの検査を続けている。3日に陽性となった看護師・看護助手はいずれも10月30日に感染が確認された看護師3人と同じ病棟に勤務していた。

新型コロナに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング