1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 「ターミナルで感染対策を」 有識者に聞く

再出航 ウィズコロナ時代へ
「ターミナルで感染対策を」 有識者に聞く

社会 | 神奈川新聞 | 2020年11月2日(月) 10:30

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて運航を休止しているクルーズ船各社が11月、国内クルーズを再開する。ウィズコロナ時代の安全確保に向け、クルーズ船と旅客ターミナルはどう連携すべきか。各業界団体のガイドライン策定に有識者として関わった観光レジリエンス研究所(千葉県印西市)の高松正人代表(62)にポイントを聞いた。

「乗っていて安心感を覚えた」とクルーズ船の運航再開に向けた展望を語る高松さん=10月20日、クルーズ船「飛鳥Ⅱ」

 ─ガイドラインで重視した点は。

 クルーズ業界は、宿泊施設に比べ多岐にわたる事業者が関わっている。船会社だけでなく横浜港や神戸港などの港湾管理者、その先には地域の人たちもいる。クルーズ船の中やターミナルの中にも、さまざまな物販事業者がいる。ガイドラインはそうした人たち全般に目配りしなければならない。あるところが抜け落ちてしまうと、そこが穴になって実効性が損なわれてしまう。とはいえ、あまり厳しく対策を求めると、ついていけないということになりかねない。クルーズの場合は、そのバランスや整理が最も難しかった。

 ─クルーズ船「飛鳥Ⅱ」のトライアル航海に乗船した感想は。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型コロナに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング